年収によって異なる借入限度額

キャッシングローンなどでお金を借りる場合、年収によって借入限度額が異なりますが、その明確な基準はどのようなものでしょうか。2010年に貸金業法が施行され、総量規制が導入された結果、年収の3分の1を超える借入は、原則的に禁止となりました。年収がもしも300万円であった場合、借入が可能な金額は100万円までとなり、それ以上借りることはできません。無理なく返済できる範囲内で、借入金額をおさめることは、借りる側にとっても、貸す側にとっても、重要なことだといえるでしょう。
この総量規制において、年収と判断されるのは、給与による収入や、年金、個人事業による所得、不動産などの賃貸収入です。保険金や退職金、投資やギャンブルによる収入などは、総量規制における年収の範囲には、含まれていません。

では、総量規制において、借入と判断されるのは、どういった性質のものでしょうか。たとえばクレジットカードのショッピング枠を利用して買い物をした場合、この金額は総量規制における借入金額に含まれるかどうか、迷ってしまう方も多いでしょう。クレジットカードの場合、キャッシング枠は総量規制の範囲内となり、ショッピング枠については、範囲外となります。キャッシングによって借りた金額は、総量規制における借入金額と判断されますが、ショッピング枠を利用してお買い物をした分は、含まれないということです。また、総量規制の対象は、家の住宅ローンや銀行カードローンも含まないとされています。実際のキャッシングにおける借入限度額は、融資を行う会社の審査によって、決められています。それぞれの金融機関が、勤め先や年収の金額、現時点での借入総額などから判断し、借入限度額を決定するのです。また、初回の借入の場合、基本的に100万円などの高額融資は難しいとされており、取引を重ねていくことによって、信用が増し、借入限度額も増加する、というのが一般的です。