銀行のカードローンでお金を借りる

カードローンをご存知ですか。ローンカードを作って借入返済をするローンで借入上限額と、借入残高に応じた最小限度額を決めるだけの契約で、自由に自分の都合に応じて借りいれできるローンで、余裕があればどんどん返済できますし、必要があれば返済途中でも借入が出来る便利なローンです。銀行だけでなくノンバンクの貸金業者つまりクレジット会社や消費者金融も扱っています。使い道も通常は生活費、レジャー費などで使うお金を借りるローンで事業資金に使えない以外はほとんど制約も無く何にでも使えるし、一々使い道を知らせなくても借りることが出来る本当に便利なローンです。しかしその反面金利手数料が通常のフリーローンなどよりも高くなっています。また年収で借入できる上限額が決まる総量規制もあります。このように手軽な反面無計画に使うと借入がどんどん増えて返済が困難になりがちなローンでもあります。

ではどういう借り方がいいのでしょうか。まず借入できるからと言ってどんどん借りないことが重要です。それに金利も高めですので他のことに優先させてどんどん返済するようにすべきで、できるだけ速く完済を目指す必要があります。それから総量規制があるのでいくつもの業者から借りないようにすることも重要です。借入残高の総額で規制されますので、何社にも借入が分散しても総額としては借りることの出来る金額が増えるわけではありません。ですから最初に出来る限り有利な条件でお金を借りるようにして、その会社一社だけを利用するようにすることが結局は有利です。その一社だけの会社はやはり銀行が良いでしょう。銀行は他の業態に比べて審査は厳しいですが金利が安くなっています。このために借入が大きくなれば必ず大きな差になります。またそれ程大きなお金を借りない場合でもやはり金利面で有利であることには変わりません。ですから最初に借入するときこそ慎重に選んで長く付き合える銀行を選ぶのが重要だと言えます。